チェックアップジェルの使い方や成分を見てうがい不要か調査!大人も使える?販売店はドラッグストアより通販!

ライオンのチェックアップシリーズの中でも今回はチェックアップジェルの使い方や成分を調べてみました!

大人も使えますが、基本的には子供がメインで使う商品なので、すすぎだけでいいのか?うがいは不要か?

そして歯科医院専売商品ですがドラッグストアやスーパーでも購入できるのか調査です。さらにチェックアップジェルとスタンダードとの違いについても比較してます!

チェックアップコドモについてはこちらの記事にあります。

【チェックアップコドモ】何歳から?小学生は?口コミも見て使い方と成分めっちゃ調べちゃった!

チェックアップジェルの使い方と成分!フッ素濃度は?

チェックアップジェルの成分・使い方・フッ素濃度などをチェックしていきますが、まずは成分を見てみましょう。

チェックアップジェルの成分

チェックアップコドモ同様、公式サイトには詳細が記載されていないため、ヤフーなどのネットショップや商品の裏をチェックして確実な情報を確認です。

湿潤剤 ソルビット液、プロピレングリコール
香味剤 香料、キシリトール
粘度調整剤 ポリアクリル酸ナトリウム、アルギン酸ナトリウム
粘結剤 キタンサンガム、カラギーナン
pH調整剤 クエン酸ナトリウム、クエン酸
発泡剤 ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
薬用成分 フッ化ナトリウム(フッ素)
コーティング剤 ヒドロキシエチルセルロースジメチルジアリルアンモニウムクロリド
保存料 塩化セチルピリジニウム
研磨剤 無配合

チェックアップコドモには含まれてたラウリル硫酸ナトリウム、サッカリンNaは成分表を見る限りないようです。

逆にジェルだけに含まれてる成分ももちろんありますね。

この中でも特徴的なのはジェルの場合、研磨剤が入ってないことです。その点は安心ですね。

フッ素濃度は味によって違う

公式による成分表は

バナナ 500ppm F(NaF[フッ化ナトリウム])
ピーチ、グレープ、レモンティー 950ppm F(NaF[フッ化ナトリウム])
ミント 1450ppm F(NaF[フッ化ナトリウム])/塩化セチルピリジニウム

公式には詳細は載せない姿勢があまり好きではないですが

こちらから分かることは、味によって成分やフッ素濃度が違うということです。

(ちなみにNaF[フッ化ナトリウム]。こちらがフッ素ってことですよ。)

  • バナナ味のフッ素濃度は500ppmと一番低い
  • ピーチ、グレープ、レモンティーが950ppmでよくあるレベル
  • ミントがなんと1450ppmもあります!

子供が使うには1000ppmを超えてくると多すぎるんじゃないか?と思って、よくよく見てみるとミントに関しては15歳以上から成人の方をターゲットにしており子供は使えません。

でも基本的な使い方は一緒です。

使い方のポイントは1回だけのすすぎ

  • ブラッシング後、吐き出す
  • すすぎの水(約15ml大さじ1)を用意
  • 約5秒間、1回だけ口をすすぐ

商品の特性上、フッ素を口に残しておく必要があるため、すすぎは1回のみが理想です。

普通の歯磨き粉のように何度もすすぐとフッ素も落ちてしまい効果が薄くなります。

まぁ、個人的な感想としてはフッ素を口に残しておくってこと自体怖い話ですが、、、、。(笑)

ブリアン歯磨き粉を使ってる我が家からすると考えられませんね。

そして、年齢ごとにジェルの歯ブラシにのせる適量が決まってます。

6ケ月から2歳 3mm
3歳から5歳 5mm以下
6歳から14歳 1cm程度
15歳以上 2cm程度

2cmが歯ブラシに目一杯な感覚です。3mmなんて、可愛らしくちょこんとのせる程度ですよ。

1歳に歯ブラシ目一杯のせて歯磨きするのはダメですからね。

チェックアップジェルはうがい必要?

1回だけのすすぎを推奨していますが、すすぎをすればうがいは不要です。

歯磨きでは、うがいをする習慣のある人も多いかもしれません。

すすぎをした後、うがいをする事で効果は薄まる可能性はありますが、してはダメというわけではないので、どうしてもしたい場合はうがいをしてみOKです。

ただし、公式でもすすぎ1回を目安にして作られてる商品なのでそこだけ注意しましょう。

この章のまとめ
  • 研磨剤は配合されてない
  • 味によってフッ素濃度が違う
  • すすぎは1回でうがいは不要

対象年齢は?大人も使えるが基本的には子供用!味で年齢も違う!

チェックアップジェルは子供用でも大人用でもどちらでもない表記で、ぱっと見商品見ただけでは分かりにくいです。

イメージ的には子供が使う感覚ですが、実は大人も使えます。しかも、成人が使うことを推奨してる味はミント。

公式サイトにグラフがありましたが、少しわかりにくいのでまとめてみました。

バナナ 1才から6才
ピーチ、グレープ、レモンティー 7才から18才
ミント 16才から成人、高齢者の間

上記は公式な数字ではなく、独自にグラフからこのくらいかな?と判断したものです。

というのは公式のグラフが曖昧で具体的な数字、年齢がなくグラデーションがかかっているので、おおよその目安として記載されてるだけなんですよね。

なので、アバウトにこのくらいで、あとは臨機応変に対応していくしかないでしょう。

上記から読み取れることは、

  • バナナが小さな子供用!
  • ピーチ、グレープ、レモンティーは小学生や中学生あたり
  • ミントが成人と別れる感じで覚えておけば大丈夫です!!

ちなみに、値段は580円ですがミントだけ630円と多少割高です。

この章のまとめ
  • ミントは子供は使わない
  • 子供はバナナ味

チェックアップジェルの種類とスタンダードとの違いは?

チェックアップシリーズにはジェル以外にも多くあります。

  • チェックアップ スタンダード
  • チェックアップ コドモ
  • チェックアップ ジェル
  • チェックアップ ルートケア
  • チェックアップ フォーム

チェックアップコドモについてのは記事はこちら

【チェックアップコドモ】何歳から?小学生は?口コミも見て使い方と成分めっちゃ調べちゃった!

チェックアップジェルとチェックアップスタンダードの違いが気になりますよね。

スタンダードなので一般的で皆が使えるようなイメージです。大人用のチェックアップといったところでしょうか。

チェックアップスタンダードは「日常使いに適したフッ化物配合ペースト」として対象が成人となってます。

使い方は同じです(公式より引用)

  • 歯科用ハブラシと同じ長さにCheck-Upペーストをのせる。
  • 口腔内をしっかりブラッシング。
  • ブラッシング後、軽く吐き出し、洗口は1回だけ。

歯ブラシと同じ長さの量という部分がポイントです。

チェックアップスタンダードの成分は

湿潤剤 ソルビット液、プロピレングリコール
香味剤 香料(マイルドピュアミントタイプ)、キシリトール、サッカリンナトリウム
清掃剤 無水ケイ酸A
粘度調整剤 無水ケイ酸、ポリアクリル酸ナトリウム
発泡剤 ラウリル硫酸ナトリウム
粘結剤 キサンタンガム
安定剤 酸化チタン
薬用成分 フッ化ナトリウム(フッ素)
保存料 パラベン

フッ素濃度が1450ppmなので、あきらかに成人用ですね。子供は使うには多すぎるので。

そして、値段が550円。

チェックアップジェルとチェックアップスタンダードの大きな違いは

  • スタンダードは大人用
  • ジェルのミント以外は子供が使える。ミントが成人用

それぞれフッ素濃度や成分の関係でこんな感じで違いがあります。

1歳くらいからの幼児が使うにはバナナ味です。

この章のまとめ
  • スタンダードも使い方は同じ
  • スタンダードのフッ素濃度は1450ppm

販売店は通販ならまとめ買いがお得!ドラッグストアでも購入可!

チェックアップジェルはチェックアップコドモ同様、歯科医院での販売がメインですが、スーパーやドラッグストアでも売ってることがあります。

私が見た時はチェックアップコドモはイオンなどでも見かけましたがチェックアップジェルはなかったですね。

場所によりドラッグストアでも置いてある場合と置いてない場合はありますが近所にない場合は通販なら確実に入手可能です。

  • アマゾン
  • 楽天
  • ヤフーショッピング

など、どこでも見つかりますが送料の兼ね合いでまとめ買いをしないと高くつくケースが多いのです。

他の商品とついで買いなど工夫して買えば歯科医院やドラッグストアなどより安く済みますよ!

普段よく使うネットショップのが入力の手間やポイントなどもつく場合はお得です。

参考⇒アマゾンでチェックアップジェルの値段を調べる

参考⇒楽天でチェックアップジェルの値段を調べる

この章のまとめ
  • 地域により売ってない場合も多い
  • ネット通販は確実だが種類は注意

チェックアップジェルは味によってフッ素濃度が違うので注意!成分が気になるなら?

チェックアップジェルの味の種類が5香味で全部同じかと思ったら対象年齢も違うという分かりずらさでびっくりです。

フッ素濃度もミントは1450ppm!間違って使ってしまったらと思うと、、、

購入するときの一番多いケースは歯医者でそのまま買う場合だと思うので、基本的にはバナナを勧められ、先生は対象年齢なども詳しいはずですが、ネットショップで買う際は注意ですね。

あまり注意事項を読まずに使う人も多々いるので!

私の場合は商品の裏の成分表や公式サイトの使い方や対象年齢、さらには公式サイトにのってなければメーカーに電話してでも調べてしまいます。

不安材料があればそれについて細かくチェックです。

たどり着いた歯磨き粉が我が家の3歳と8歳の子供たちも使ってるブリアン歯磨き粉です。

例えばブリアンの「こだわりの成分」はこんな感じ

フッ素も使われてなく天然成分で作られているので、そういった意味では親としては安心して子供に使わせることができてます。

小さな子供の口に入れるものなので、ブリアン歯磨き粉くらいのレベルでないと怖いですね。

参考⇒フッ素が含まれてないブリアン歯磨き粉は天然由来の成分でママも安心!公式サイトで詳しく成分をチェックする♪

口内フローラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です