フルグラは何歳から?いつから与えていいか調べた!赤ちゃんや1歳の離乳食時期はNG

忙しい朝にとっても便利なシリアル。実は、便利なだけではなく、栄養を摂ることも出来る優れものなんです。

そんなシリアルの中でも人気があるのが「フルグラ」です。

フルグラには穀類以外にもドライフルーツも入っており、食物繊維や鉄分なども摂れるので朝食やおやつに出来、お母さんたちには有難い存在!

是非子どもに食べさせたいけれど、いつから食べさせられるものなのでしょう?赤ちゃん時期や1歳頃はどうなの?という疑問も。

そこで今回はフルグラが何歳から食べられるのか、調べてみました!

カルビーのフルグラは何歳から子供に与えて良いのか公式チェック!口コミ意見は要注意

栄養も摂れるとなれば、積極的に食事やおやつに取り入れたいフルグラですが、実際何歳から食べられるのでしょう?

早速公式ホームページで調べてみると…

3歳以上のお子様で、なおかつ奥歯が生えそろい、奥歯でしっかりものを噛めることができるお子様でしたら、お召し上がりいただけます。

という記載がありました!

3歳になったら全員食べられる!というわけではなく、大切なのは「奥歯でしっかりものを噛むことが出来るかどうか」ということのようですね。

まま

3歳過ぎても人によるんだね!

確かに、フルグラをお皿に出してみるとゴロっとした塊があったりしますよね!

穀類にシロップを混ぜて板状に焼いた後に砕いて作っているので塊になることがあるそうなのですが、あの塊は大人でも歯にくっついたりして食べにくかったりします。

歯が生えそろってないくらいの子どもが食べるには尚更大変!

しっかりと咀嚼できない時期の子どもにあげるにはのどに詰まらせる危険もあり、避けましょう!

ぱぱ

実際はみんな何歳くらいからあげてるんだろう?

ただ、何歳から与えていいのか検索してみると、口コミなどで1歳半頃から与えている方もいらっしゃるようですので、そういった情報に惑わされないようにしましょう。

それはNGですよ〜!

1歳半頃といえば、離乳食から幼児食になる頃はまだ大人の食事よりも小さく切ったり、少し軟らかめにしたりして食べさせている時期ですよね。

ドライフルーツの部分は噛みにくいこともありますし、塊を口に含んでしまいうまく噛むことが出来なければ喉に詰まらせる原因にもなります。

お菓子感覚で与えている方は要注意です!

フルグラに子供用はあるの?子供が朝食に食べる際の注意点やオススメな食べ方!

さて、歯が生え揃う頃に食べさせることが出来るフルグラですが、子どもに安心して食べさせることが出来る子ども用はあるのでしょうか?

調べてみると、フルグラには何種類かあるようですが、どれも味が違っていたり糖質オフだったりで「子ども用」というものは見当たりませんでした。

では、大人と同じフルグラを与えるにあたり子どもにはどのぐらいの量をどのように与えるのがいいのでしょうか?

結論から言うと

子どもの場合のおすすめ量
大人で1食分50gがオススメ量だとされているので、子どもに与える際にはそれを超えないにしましょう

そしてフルグラを食事に出すときの注意点として、まず知っておかなければならないのが、フルグラは完全栄養食品ではありません!

それだけを食べていても栄養素は不足してしまいます。

あくまで食事の中の1品として食べ、必ずそれ以外の食品もしっかり食べなくてはなりません。

例えば、パンやご飯の代わりにフルグラに牛乳をかけて1品、生野菜のサラダを1品、ウインナーを焼いて1品…など組み合わせて食べることで、子どもに大事な栄養素もしっかり摂ることができますね!

フルグラを使ったアレンジレシピは公式HPに載っているので、バランスの良い取り入れ方を参考にしてみましょう!

そんな食べ方もあるの?!という面白いレシピもたくさん出ていました。

お母さんが寝坊してしまって準備する時間がない時や、ちょっと楽したいなぁ…という時に上手に使ってみてください。

参考 : カルビーフルグラ公式レシピ

フルグラの成分やアレルギー情報もチェック!カロリーはごはん1杯分に相当

ここまで何歳からフルグラを食べさせてもいいのか、どのように取り入れたらいいかを見てきました。

では実際にどのような成分が含まれているのか、原材料・栄養成分・アレルギー情報も調べておきましょう!

まず、原材料です。

オーツ麦、ライ麦粉、砂糖、乾燥果実(パパイヤ、レーズン、りんご、いちご)、小麦粉、ココナッツ、マルトデキストリン、植物油、米粉、水溶性食物繊維、コーンフラワー、かぼちゃの種、アーモンド、食塩、小麦ふすま、玄米粉 / グリセリン、加工デンプン、クエン酸鉄Na、乳化剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ナイアシン、パントテン酸Ca、カゼインNa(乳由来)、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンB1、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

1食分50gに含まれている栄養成分は

エネルギー 220 kcal
たんぱく質 3.9 g
脂質 7.7 g
コレステロール 0 mg
炭水化物 36.1 g
糖質 31.6 g
食物繊維 4.5 g
食塩相当量 0.3 g
カリウム 135 mg
カルシウム 16 mg
リン 83 mg
5.0 mg
ビタミンA 257 µg
ビタミンD 1.84 µg
ビタミンB1 0.40 mg
ナイアシン 4.4 mg
ビタミンB6 0.44 mg
ビタミンB12 0.80 µg
葉酸 80 µg
パントテン酸 1.6 mg

ちなみに含まれているアレルギー成分は乳成分・小麦・りんごです。

個人的には葉酸が含まれてることにはビックリしました。

葉酸といえば妊婦には欠かせない栄養素の1つですが、本格的に葉酸を取り入れたいならば例えば成分女性30~49(歳)ならば推定平均必要量200µgなので80µgでは少し物足りなくフルグラの場合は気持ち程度!

そしてフルグラ50gはお皿によそってみると少なく感じるかもしれませんが、なんと220 kcalも!

ちゃれこ

それってどのくらいなの?

例えば6枚切りの食パン1枚(177kcl)より多く、ごはん1杯分(235kcal)に相当するカロリーなんです。

ぱぱ

結構カロリーも多いんだ!子供にあげるなら注意しよう

 

参考 : 公益財団法人長寿科学振興財団

参考 : カルビーフルグラ公式

参考 : タニタカロリズム

フルグラまとめ

最後に、フルグラについて調べてみたことをまとめると

フルグラの要点

・奥歯が生えそろって奥歯でしっかりものを噛むことができるお子さんになら与えてOK

・子ども用のフルグラはない

・大人1食分50gを超えない量が子どもに与える適正量!

・フルグラを取り入れたバランスのいい食事はアレンジレシピを参考に

栄養も摂ることが出来、忙しい朝にピッタリのフルグラですが、子どもに与えるには注意が必要です。喉に詰まらせてしまう危険性があるので、目安は3歳以上は特に覚えておく点ですね!

毎朝フルグラだけを食べさせて終わり!ということではなく、食事の中に上手に取り入れて、忙しい朝の味方にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です