アミティーの月謝は?英会話の料金としては高いか大手と比較!講師の英語力の口コミも調査

小学生から英語の授業がある現在、子供の英語教育について考えている人もいるのではないでしょうか?

英語を学ぶ方法としては英語教材や通信教育、英会話教室などいろいろな形態があるので、自分の子供に合った方法を見つけてあげたいですよね~。

まま

そうなのよ

あなたの子供がもともと勉強をするタイプであれば英語教材や通信教育でもそれなりに英語への理解を深めることができるかもしれませんが、学校から帰ってきて宿題もせず遊びに行くタイプであればそうはいきません(笑)

ちゃれお

はははは〜

そんな遊び盛りの子供には、ある程度親が勉強をするための環境を整えてあげることが大切なので、自宅とは違った環境の英会話教室が合っているのかな~なんて思ったりします。

そこで今回は日本人教師と外国人教師の授業が選択できる「こども英会話専門校アミティー」について調査してみました!

ママが1番気になる月謝をはじめ、講師の英語力や万が一合わなかったときのための退会方法まで調べてみたので、子供の英会話教室を考えている人は1度参考にしてみてくださいね~。

アミティーの月謝は英会話の料金としては高い?安い?大手と比較!

こども英会話専門校のアミティーを運営している会社は、その名の通り株式会社アミティーです。

0歳~18歳を対象とするこども英語・英会話専門校の運営や教材開発・講師養成などに力を入れている会社なので、赤ちゃんから高校生までの間に一貫したカリキュラムで英語を学ぶことができる環境に自信がある会社のようです。

ちなみにアミティーの正式名は「アミティーイングリッシュスクール」で学校拠点数は85校(2017年12月現在)とのことなので、もしかしたらそういえば近所にあったかもという人もいるかもしれませんね。

ちゃれこ

近所で見かけたことあるね

そんなアミティーの料金は月謝制で、年齢や学年によって細かく設定されています。

今回は小学生クラスの料金体制について「グループレッスン」と「プライベートレッスン」の2つに分けてまとめてみましたのでご覧ください!

アミティーの基本授業料

グループレッスン(小学1~5年生)

日本人教師(レギュラーコース) 8200円(50分)
外国人教師(プラクティカルコース) 9400円(50分)
基本設備料 600円

プライベートレッスン(小学1~6年生)

日本人教師(レギュラーコース) 19200円(40分)、20500円(50分)
外国人教師(プラクティカルコース) 20800円(40分)、22100円(50分)
基本設備料 1000円

※料金はすべて税抜

アミティーのグループレッスンでは週に1回のレッスンなら「基本授業料」+「基本設備費」で受講することができますが、週2回以上のレッスンを希望する人は「基本授業料」よりお得な「追加授業」をお申し込むことができるようになっています。

追加授業の料金については回数によって料金がまばらなので気になる人は公式サイトを確認してみてくださいね~。

ちなみにプライベートレッスンでは一括回数性も導入されていて日本人教師と外国人教師どちらを選択しても料金は回数に合わせて一律となっているようです。

MEMO
一括回数性は月謝制に比べて料金がお得であれば詳しくご紹介しようと思い意気込んでいたのですが、調査したところ1回あたりの授業料に換算すると一括回数性の方が高くなるようなので割愛させていただきます(笑)

ただし英検対策だったりTOEIC®L&R・TOEIC Bridge®Test 対策だったりと英語を集中して学ぶ必要がある人にとっては、詰めて授業を受けることができる一括回数性は良かったりするのかな~なんて思いました。

また一括回数性のプライベートレッスン以外でも追加授業を受けることができるとお話ししましたが、こちらは追加授業料に加えて追加設備料も徴収されるそうです。

追加授業料は当たり前のことだと思いますが、設備料まで徴収する必要ある!?という点が個人的にちょっと残念でした(笑)

そして基本授業料のほかにも

入学金 10000円
入学登録料 3000円
教材費 18000円~(レギュラーコース)、10000円~(プラクティカルコース)

※すべて税抜

が必要になってくるとのことですよ~。

アミティーの月謝について調査してきましたが、これだけだと高いのか安いのかわかりにくいですよね。

そこでアミティーと同様に日本人教師と外国人教師による授業が選択できる英会話教室のイーオンキッズと比較してみました。

イーオンキッズ(小学3~4年クラス)

日本人教師(週1回50分) 8640円
外国人教師(週1回50分) 10368円
外国人教師+日本人教師(英会話週1回+文法週1回) 16416円
入学金 10800円
教材費 23544円(日本人教師、外国人教師)、34344円(外国人教師+日本人教師)
システム管理費 月額864円
アテンダンスブック 200円(週1回用)、250円(週2回用)

※料金はすべて税込

参考 : イーオンキッズ公式サイト

アミティーのグループレッスンとイーオンキッズの料金を比較してみると似たり寄ったりなので、日本人教師と外国人教師を選択できる英会話教室ではアミティーの月謝は平均くらいなのかなという感じです。

ただし基本授業料に大きな差は見られませんでしたが、教材費に関してはアミティーの方がお得みたいですよ!

参考 : アミティー公式サイト

アミティーとイーオンキッズの違いは個別レッスンの有無と対象年齢

月謝が似たり寄ったりのアミティーとイーオンキッズですが、同じような料金なら「なにが違うのか」気になりませんか?

結論から言うと大きな違いは個別レッスンがあるかないかということでした!

そのほかにも多少の違いが見られたので、とりあえずアミティーとイーオンキッズの特徴についてそれぞれ簡単にまとめてみました。

アミティーの特徴
  • 対象年齢は0~18歳
  • 日本人教師と外国人教師のダブルサポート
  • グループレッスンだけではなく個別レッスンもある
  • バラエティー豊かなオリジナル教材を使用
  • 必要に応じてコースの組み合わせができる
日本人教師(レギュラーコース)、外国人教師(プラクティカルコース)、パソコン英語学習(インタラクティブコース) 多彩なコースとクラスがある
英検対策クラス、英検Jr.対策クラス、TOEIC®L&R・TOEIC Bridge®の対策クラス、帰国子女クラス、保護者のための英会話クラス、シーズンセミナー 早期英語教育に力を入れており、マタニティーのママを対象とした胎教クラスもある

 

イーオンキッズの特徴
  • 1~15歳が対象
  • 日本人教師と外国人教師のダブルサポート
  • グループレッスンのみ
  • 年齢別に最適なオリジナル教材
  • 資格試験受験サポートがある
  • 生徒専用の学習WEBサイトがある

個別レッスンの有無のほか、対象年齢にも違いはありますが全体的には同じような印象ですよね~。

ただしアミティーではクラスの種類が豊富だったり必要に応じて自由にコースを組み合わせたりすることができるので、子供に適した英語学習を追求し続けていきたい人には合っているような気がしました。

ただ複数のコースや追加授業をお願いすると料金体制が複雑になるので、そこを改善してもらえたら嬉しいのにな~と個人的には思います(笑)

ちなみに調査していてわかったことですが、アミティーもイーオンキッズも同じ「イーオンホールディングス」のグループ会社です!

ぱぱ

そうだったのか!

こんなに似ていて大丈夫かな?と密かに思っていたのですが、同じグループ会社ならいらぬ心配だったようです(笑)

アミティー講師の英語力はネイティブレベル?口コミから評価を判断!

英会話教室といえば講師の英語力が気になりますよね。

そこでみんなの英語ひろばの口コミからアミティーの英語力の評判を調査してみました!

年に何度か講師の研修があるので、質の高いレッスンを受けることができます。子供英会話だけあって子供の扱いが上手いです。講師を選ぶことは出来ませんが、どの講師も教え方が上手いです。小さい子には遊びながら楽しくレッスンをしてもらえます。小学生には楽しく分かりやすく教えてもらえます。

講師は、子供に対して優しく楽しく話しかけてくれるので、子供たちにとっては馴染みやすいようです。一人一人の声掛けも積極的だと思います。日本人のバイリンガルの先生の英会話レベルは、それぞれといったところだと思います。

日本人講師とネイティブ講師がいます。最初はやはりネイティブの先生の方が良いだろうと思っていたのですが、体験レッスンを受けて日本人講師の質の高さを感じそのまま日本人講師の方のレッスンを受けています。生徒の良い面を見つけ褒めて伸ばすという姿勢が伺えます。この教室のどの日本人講師の方もとても良い発音をされていると思います。それは他の英語教室の体験レッスンを見学して感じました。

日本人講師と外国人講師がいるので、文法クラスは日本人講師、会話クラスは外国人講師というように選ぶことができます。先生方と話すと、子供の到達度などをよく把握されていて、プロフェッショナルだと感じます。

外国人講師の英語力は言うまでもありませんが、日本人講師の英語力もなかなか評判が良いようです。

まま

へぇー

ただし教室によっては日本人講師の英語力に差がみられるとの声もあったので、確実にネイティブの発音を子供に触れさせたいのなら、口コミにもあったように文法クラスは日本人講師、会話クラスは外国人講師と上手く使いわけしてみるのもいいかもしれませんね~。

アミティーの退会方法は?退学・解約届を10日までに出すだけで簡単!

子供の習い事としてアミティーを選んでみたものの“ちょっと違うかな”と感じれば「退会」の文字が頭をよぎります。

また現在アミティーを検討している人でも事前に退会方法を知っておけば、万が一合わなかったときに役立つはず!

そこでアミティーの退会方法について調査してみたのですが、結論から言うと所定の「退学・解約届」を提出するとのことでした。

具体的な内容として公式サイトには以下のように記載されていました。

やむなく退学または一部のコースの解約をご希望の際は、できる限り速やかに事務局へお申し出ください。所定の「退学・解約届」をご提出いただければ月謝の場合は、毎月10日までのご提出で翌月分の引き落としを停止します。一括払いの場合は、返金規定にもとづき、お支払いいただいている費用の残金を清算し、返金させていただく方針です。

どうやらアミティーの月謝は口座から引き落とされるようになっているので、毎月10日までに「退学・解約届」と提出しなければ翌月分の月謝も引き落とされてしまうようですね~。

退会するなら計画的に!そして余裕を持って事務局へその旨を連絡し、余分に月謝を払ってしまわないように気を付けましょう(笑)

参考 : アミティー(FAQ)

アミティーまとめ!特徴はないが無難で平均的で良くも悪くもない!

さいごにアミティーについて調査した結果をまとめておきます!

アミティーのまとめ
  • 月謝は安くも高くもない、相場くらい
  • 対象年齢は0~18歳
  • グループレッスンと個別レッスンがある
  • 日本人教師か外国人教師を選ぶことができる(併用も可!)
  • イーオンキッズと同じ「イーオンホールディングス」のグループ会社
  • 退会するなら毎月10日までに所定の「退学・解約届」を提出!

個人的にはこれといってここがいい!と思える点は見受けられませんでしたが、子供が小さいうちから一貫したカリキュラムで英語を学べるのはメリットだと思います。

講師も日本人と外国人を選べるようになっているので、上手く組み合わせて利用すれば子供の英語力を効率的に伸ばしてあげることもできるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です