オリゴのおかげの使い方と赤ちゃんの量を電話で聞いて成分確認!体質により効果なし?

オリゴ糖って人気で種類が沢山ありますよね!

その中でも今回は塩水港精糖株式会社から発売されているオリゴのおかげについて調べましたよ〜

あなたはオリゴのおかげの使い方や成分って知ってますか?そして子育て中のママは赤ちゃんへの飲ませ方って気になりません?

まま

そうね〜、赤ちゃんに飲ませる時の量とか気になるわ!

今回もメーカーに電話で問い合わせしたので、その回答と使い方や具体的な赤ちゃんへの飲ませ方の量も紹介しますね。

体質によっては効果がないとか、血糖値の上昇があるとか言われているそうなのでそこんところも一緒に調べてみました!

オリゴのおかげの使い方!赤ちゃんと子供への量や飲ませ方は?

まずは使い方です。

オリゴのおかげはそのままで食べてもOKなんですよ〜。

加熱しても成分、味は変わらないので料理に入れるもよし、砂糖代わりにヨーグルトやホットミルクにいれるもよしで万能に使うことができますよ~

そして、オリゴのおかげはスタンダードなボトルタイプの他にもスティックタイプダブルサポートという種類があります(種類についての詳細は後ほど詳しく紹介しますね)

そこで、それぞれの1日に使える目安量を表にしました!

<1日に使える目安量>

オリゴのおかげ 8~20g
ダブルサポート 8g
スティック 1本(5g)

<赤ちゃんのに与える場合の量>

0~6歳(乳幼児) ティースプーン 1/2杯~(2ℊ~)
7歳~ ティースプーン 1杯~(4g~)

お子さんには白湯や麦茶、ホットミルク、離乳食にいれるのがおすすめな飲ませ方です。

そしてメーカーに電話で問い合わせをしてみた回答ものせておきますね。

女性

1か月未満の赤ちゃんでも使うことができるのでティースプーン1/2杯から様子みてください

とのことでした。

あと、7歳の娘にどれだけ使っていいか聞いたところ

女性

食品なのでティースプーン1杯から様子見ながら1日の目安量まであげていいですよ

との回答もいただけました。

家族みんなで使えて赤ちゃん、妊娠中、授乳中の女性も使えるなんてオリゴのおかげすごすぎですね!

いっきにあげすぎるとお腹が緩くなることもあるみたいなのでお子さんの様子を見ながら少なめの量からあげてください~

ちなみに、うちの7歳の娘はホットミルクにオリゴのおかげを入れて飲むのが大好きです。

身体も温まるしほんのり甘いのが最高にいいと喜んでくれました。

オリゴのおかげの成分!体質により効果なし?血糖値上昇に注意

赤ちゃんにもあげれる商品なので大丈夫だとは思いますが成分を見ていきましょう。

成分

乳果オリゴ糖・ショ糖・ぶどう糖・果糖等の糖類

細かく見ていきましょう。

乳糖 牛乳や母乳などに含まれている
ショ糖 砂糖の主成分でサトウキビなどから抽出し結晶化したもの
ぶどう糖 果実やはちみつなどにも多く含まれている単糖
果糖等 ベリー、メロン、はちみつなどに含まれている単糖

成分は大丈夫ですね。

アレルギーの原因の乳たんぱく質が入っていないので乳アレルギーでも使えますよ~

ところで、低カロリーで有名なオリゴ糖ですがいったい何カロリーなのでしょうか?

それはズバリ砂糖の約半分です。

砂糖2gで約8kcalなのでオリゴのおかげはティースプーン1/2杯で約4kcalということになります。

カロリー半分なら砂糖からオリゴ糖に変えればいいってことですね~

でも砂糖より甘くないんです。半分~8割くらいの甘さといわれています。

甘みが欲しい料理に使う場合は物足りなくなってしまいますが…お子さんにあげる場合は甘さ控えめのオリゴ糖のほうが安心ですよね!

ちなみに、オリゴのおかげは整腸機能が特定保健用食品として認められています。

整腸機能とはお腹の調子を整えることによって

  1. 便秘の改善
  2. 下痢の改善
  3. 悪玉菌を減らす

このような効果があります。

1と2は体感できるので効果がわかりますが3の場合はどうでしょう?

悪玉菌が減って善玉菌(ビフィズス菌)が増えても体の中で起こっていて、目に見えないのでもしかすると効果がないのかもという意見もあるのかもしれませんね。

血糖値については公式サイトによると

糖尿病の場合は?

主成分の「乳果オリゴ糖(乳糖果糖オリゴ糖)」は胃や小腸では消化吸収されないので血糖値を上げにくい糖質です。ただし製品には “ ぶどう糖 ” などの糖分も含みますので心配な場合は一度お医者様にご相談ください。

参考:公式サイト

なるほど!

ブドウ糖が入っているから血糖値の上昇がいわれていたんですね〜

オリゴのおかげ種類!ダブルサポートと違いは何?顆粒タイプもある

オリゴのおかげとダブルサポートの種類があるんです。

違いはオリゴ糖が含まれている量特定保健用食品の違いです。

オリゴのおかげは甘みが砂糖の8割位で、整腸機能があります。

オリゴ糖が多く含まれているダブルサポートは甘みが半分で整腸機能にプラスでカルシウム吸収促進機能があります。

オリゴのおかげはシロップタイプだけではなく、顆粒タイプもあるんです。

  • オリゴのおかげスティックタイプ5g入り/1本14cal
  • ダブルサポート顆粒タイプ6g入り/1本17kcal

どちらも1日あたり1本が目安量なので必要な量だけ持ち運びできるので便利ですよね~

また使うときにスプーンで量をはかることなく使用できるので楽チン!

でもお子さんにあげるときは、量をはかるので家族みんなで使う場合はシロップタイプのほうが使いやすいかもしれません。

オリゴのおかげを使ってる人の口コミを集めた

使う前は効果が分からないのでTwitterの口コミ見てみました~


1日3回は凄いですね!羨ましすぎる~

うちの娘も便秘なので試してみます!

 

その他にも

オリゴのおかげまとめ

オリゴのおかげのポイントをまとめると

この章のまとめ
  • 1日に使える目安量は種類ごとに違う
  • 1か月未満の赤ちゃんでも使うことができる
  • 乳アレルギーでも使える
  • カロリーは砂糖の半分
  • 整腸機能があって便秘・下痢の改善、悪玉菌を減らす
  • ぶどう糖が含まれているから血糖値が上がることもある

今回調べてから試してみて、妊娠中の私でも効果が徐々にではじめています。続けて改善されるように飲み続けます。

娘は2歳頃から調整しながら酸化マグネシウム服用、食事にも気を付けていましたがなかなか改善されず今回試してみました。まだ2日目の為効果は見られませんがしばらく続けていこうと思います。

錠剤の飲みにくい酸化マグネシウムから甘みのあるオリゴのおかげに変えたことによって娘は嫌だった薬を飲まなくていいんだ~と前向きになってくれているのでもっと早くはじめてあげればよかったなと感じました。

悩んでいるあなたも腸内改善のためにオリゴのおかげをはじめてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です