ハキラの効果を徹底調査!寝る前や歯磨き後に食べるより食後のおやつがオススメな理由

子供って、なんであんなに歯みがきを嫌がるんでしょうね?

なんとか歯みがきをして欲しくて、いろんな手をつくしてはみるのですが、なかなかうまくはいきません。

そんなとき、歯みがき後のご褒美にタブレットを与えているという情報を小耳にはさみ

まま

ん?どういうこと??

ってなりました(笑)きっと私と同じように、

まま

えっ?歯みがきしたのにタブレット?タブレットってお菓子じゃないの?

と、思ったママもいるはず!

そこでそんな疑問を解決すべく、今回は雪印ビーンスターク株式会社から販売されているハキラを徹底調査しちゃいます!

食べるタイミングや効果、そして赤ちゃんのための商品と書かれてますが、子どもはいつからデビューできるのかについても、まとめて調べていきますね。

ハキラの効果はキシリトールが鍵!成分にはニワトリから作られたオパールゲンDC!?

ハキラっていう名前を聞いても、正直私はピンときませんでした。

けれどパッケージを見た瞬間に、

まま

あ、これ知ってる!

となったので、ご存知の方も多いのではないかと思います。

ちなみに味は、4種類で、どれも子どもが好む味ですよね!

  • リンゴ
  • ブルーベリー
  • バナナ
  • オレンジ

ご褒美に与える味としてはナイスチョイスです(笑)

ちゃれお

やっぱおれはリンゴかな〜

それはさておき、ハキラの効果を調べるため公式サイトを訪問すると、ココがポイント!と記載されていたので、先に内容をそのまま引用してみます。

ハキラのポイント

  • ミュータンス菌コントロール:オーバルゲンDC配合の食品
  • スッキリとしたシュガーレスで、ママやパパも飽きずに食べられます
  • 奥歯が生えてくる1歳7ヶ月頃からの子どもにも安心して食べられる形

どうやらハキラの効果は、虫歯の原因になるミュースタン菌をコントロールする働きがあり、虫歯予防の効果が期待できるようです。

ぱぱ

もう少し詳しく知りたいなぁ

その理由を紐解いていくために、ここで少し原材料についてみていきますね。

ハキラの原材料

マルチトール
卵黄粉末
イソマルトオリゴ糖
甘味料(キシリトール)
結晶セルロース
ステアリン酸カルシウム
香料

となっています。

ぱっと見た感じ、マルチトールやイソマルトオリゴ糖、キシリトールと糖が多く使用されていて、なんだかとっても甘そうですね(笑)

ちゃれこ

甘そうなイメージだねー

ポイントに記載されているようにシュガーレスなのかもしれませんが、そのぶん添加物がたっぷりなので、子供に与えるには少し心配になります。

そしてあまり馴染みのない、結晶セルロースとステアリン酸カルシウムについて、Wikipediaなどで調べてみると、

結晶セルロース

  • 食品添加物
  • 不溶性の食物繊維
  • 賦形剤や増粘剤として使用
  • 体内のコレステロールを吸着し、排出するはたらきがある

ステアリン酸カルシウム

  • 食品添加物
  • 滑剤、離型剤、増粘安定剤、固結防止剤、フレーバー付与補助剤として使用される

となっています。こちらも添加物がいっぱい・・・というか、もはや添加物で作られているような感じ?にも思えてきました(笑)

ぱぱ

余計に虫歯になりそうなイメージだなぁ

このことからハキラの効果の秘密を握っているのは、甘味料として使用されているキシリトールということになりそうですね!

キシリトールについて簡単に説明しておくと、キシリトール自体が虫歯の原因にならないだけではなく、虫歯の発生を防ぐ作用があります。

成分表を見ると、1袋45g当たりに4.5gが含まれているとのこと。

ここでキシリトールの含有量を計算すると、炭水化物が43gとなっているので、4.5÷43×100でおよそ10%ということになります。

キシリトール含有量が50%以上あると虫歯予防の効果があるとされているので、ハキラは虫歯の発生を防ぐというよりは、虫歯の原因にならない甘味料を使っていると言ったほうがよさそうな感じですね。

そうなってくるとキシリトールだけでは虫歯を予防するのは難しいように思えます。

まま

でもミュースタンス菌コントロールはオーバルゲンDCが配合されているからじゃなかった?

と思ったあなた。そうなんです!原材料を見た限りでは、そのような名前は見当たりません。

まま

いや、それはおかしい!

と思った私はあきらめずに掘り下げて調べましたよ(笑)

するとどうやら、原材料のなかの卵黄粉末がオーバルゲンDCという事実をつかみました!

そのなかでオパールゲンがつくられる仕組みを知ったので、少しご紹介しておきます。

オパールゲンができるまで

  • ミュータンス菌の酵素をニワトリに接種する
  • にわとりの体内で、ミュータンス菌に対する抗体ができる
  • 体内で作られた抗体が、卵に移る
  • その卵黄を粉末化することで、オパールゲンの完成!

まさかニワトリが作ってくれているなんて、夢にも思いませんよね(笑)

この事実を知ったところで、オパールゲンDCについてまとめると

MEMO
  • ミュータンス菌に対する抗体を持った、卵黄素材
  • 虫歯菌を減らして、プラーク(歯垢)の形成を抑える

という効果があるようです。

いろいろと原材料や成分を調査した結果、ハキラの虫歯予防の効果は、少しのキシリトールニワトリから作られたオパールゲンDCによるものであるということが判明しました!

参考 : ビーンスタークハキラ公式

参考 : Beauty Town(結晶セルロース)

参考 : 日本フィンランド虫歯予防研究会(キシリトール)

参考 : 歯周病予防研究所「オーバルゲン」(オパールゲンDC)

ハキラはいつ食べると効果的?寝る前より歯磨き後より食後のおやつがオススメ

効果がわかったところで、こんな疑問が出てきませんか?

ちゃれこ

歯みがきのあとに使っても大丈夫?

ちゃれお

タブレットだから、いつでもいいのかな?

タブレットというとお菓子のようなイメージがあるので、いつ食べればいいのかわからないですよね。

そしてどうせ食べるなら効果のあるように食べたい!とあなたも思ったはず。

こちらも引き続き、調査しちゃいますね!

公式サイトを見ると、お召し上がり方として次のように書かれています。

ハキラのお召し上がり方
  • 食後のおやつ等として1回に1~3粒を目安に噛んだり舐めたりしてお召し上がりください。
  • お子さまがまだ慣れないうちは、小さく割ってからあげてください(成長に応じて量は加減してください)。
  • 一度に多量に食べると、体質によりおなかがゆるくなることがあります。
  • 万一、誤って飲み込んだ場合でも、気管をふさがないように配慮した形状です。

どうやら食後のおやつとしておすすめされているようです。

歯みがき後のご褒美に与えている方がいるという情報だったので、てっきり歯みがき後でもいいものかと思っていました。

でもよく考えてみると成分などを調査してきて、シュガーレスと言えども甘味料がたくさん使用されていましたもんね。

このことからハキラは、子供のおやつの代わりに与える商品とされていることが判明しました。もっと簡単にいうと、虫歯になりにくいお菓子というような感じですね。

ただし食後に歯みがきを行ったうえで食べると、虫歯予防効果が期待できそうなので、歯みがき後や寝る前に与えても、きちんとブラッシングさえしていれば、効果はあるのかなという印象を受けました。

そしてハキラには食品添加物がたくさん使われていたので、いくら食べても虫歯になりにくいとはいえ、たくさん食べるのは控えたほうがいいように思います。

甘みも強いので、ハキラを食べることが習慣にならないよう、事前に食べる量を子どもと約束して与えた方がよさそうですね。

ハキラは子供はいつからいつまで?1歳半から大丈夫な理由は形状に秘密が!大人用はないが食べてもOK!

さきほど、ハキラはお菓子代わりに食べるものだということがわかりました。

そうすると次は、

まま

いつから食べさせてもいいのかな?

となりますよね。

こちらについては公式サイトに、1歳半頃から食べることができると明記されていました!

ただし、奥歯が生えるまでは絶対に食べささないようにとも・・・。

そう書かれてはいるものの

まま

そんな小さい子にタブレットって大丈夫?

ぱぱ

のどに詰まったりしないのかな?

と思いますよね。私も思いました。

これについてはどうやらハキラの形に秘密があるようです。

ハキラの形状は、小児科や歯科口腔外科の先生、そして子どもの誤飲を研究している先生に意見を伺いながら、安全に配慮して決められたそうです。

そして真ん中には、駄菓子のフエガムを思い出させるような穴が空いています。

この穴があることで、万が一飲み込んでしまっても気管をふさいでしまわないようにしているとのことでした。

そういった専門家の意見と企業努力があって、1歳半の小さい子供でも食べることができるのですね。

ただしもう一度お伝えしますが、決して奥歯が生えるまでは1歳半になっていたとしても食べささないよう注意してくださいね!

ハキラは1歳半の子供から食べることがわかりましたが、大人用とかあるのかな?と思い探したところ、見つかりませんでした。

特徴に大人もこどもも食べやすいシュガーレスタイプのタブレットです。と書かれていたので、家族みんなで食べるおやつのようです。

ちゃれお

パパも食べれるじゃん!よかったね!
ちゃれおはやさしいな!

ぱぱ

種類はハキラタブレットの他にハキラ歯磨き粉も!フッ素は500ppm

大人用のタブレットがあるのかどうかを探していると、大人用のタブレットはなかったものの、ハキラの歯磨き粉があることを知りました!

こちらはフッ素が500ppm配合された歯みがきジェルで、研磨剤、発泡剤、着色剤が無配合なので1歳半頃から使用できることが、特徴となっています。

そしてハキラにもあるリンゴとブルーベリー味がほんのりとするようです(笑)

ハキラのタブレットと違って食品ではないので、バブラシにつけてブラッシングをしたあとは、口をゆすいだり、ガーゼでふき取ることが必要なのでご注意を!

小さい子供の歯みがきでは発泡剤が入っていないことって案外重要ですよね。

仮にうがいができないころの子供に発泡剤入りの歯磨き粉なんて使おうものなら、カーゼで拭いきれなくてあたふたしている自分の姿が想像できます(笑)

でも個人的には、ほかの歯磨き粉と比べて大きなメリットもなく、フッ素も配合されているので、可もなく不可もなくというのが率直な感想です。

その点、我が家でも使ってるブリアン歯磨き粉の場合、発泡剤もなし、フッ素もなし天然成分で小さな子供の食いつきがいい粉の歯磨き粉なので、歯磨き粉としてはオススメです!

参考⇒発泡剤もフッ素なしな天然成分なブリアン歯磨き粉の詳細を公式を見て詳しく安心なのか確かめる!

口内フローラ

ハキラの売ってる店は薬局?スーパー?西松屋やアカチャンホンポなら販売してる!通販なら送料に注意!

ハキラについていろいろと調べてきましたが、“1回試しに買ってみようかな?”なんて思っている方もいらっしゃいますよね。

それではここで販売店についてみていきますね。

私が調べたところ

  • 薬局(ベビー用品のコーナー)
  • ベビー用品取り扱い店(アカチャンホンポや西松屋など)
  • 通販(アマゾンや楽天)

で販売されています。

ベビー用品を販売しているところでは、置いていることも多いのかな?なんて思います。

しかし、店舗によって販売していないところもあると思うので、確実に購入したい方には通販での購入をおすすめします。

ざっと見た感じですが、送料別で350円前後で販売されているようです。

ただし送料が商品より高かったりする場合もあるので、買うならまとめ買いで、送料無料を狙った方がお得ですよ!

参考⇒楽天で「ハキラ」のラインナップを確認して取り寄せる

参考⇒アマゾンで「ハキラ」の種類をチェックして取り寄せる

ハキラまとめ

ここでハキラについて要点をまとめたいと思います。

ハキラの要点
  • 歯みがき後に食べると、虫歯予防の効果が期待できる
  • あくまでも、虫歯になりにくいお菓子
  • 1歳半ころから食べられるが、必ず奥歯が生えてから!
  • 買うなら通販が確実!ただし送料に気を付けて

思っていたより、小さい子供でも食べることができるよう工夫されているので、うまく使えば虫歯予防にも効果が期待できそうです。

歯みがき後のご褒美として活躍できそうですが、ご褒美がなくても歯みがきをしてくれる日が来ることを楽しみにしています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です