ビスコは何歳から?1歳の赤ちゃんはいつから食べられるか乳酸菌の種類も調査!

昔から定番のおやつビスコですが、何歳から与えても大丈夫か考えたことありますか?

ちゃれこ

数ヶ月の赤ちゃんはいのかな?
1歳頃はどうかな?

ちゃれお

離乳食も順調に進み幼児食に移行してくると、食べさせてみたいものがぐっと広がります。

10時過ぎのお昼ちょっと前のスキマ時間に子供に渡せる手軽なおやつはママの味方ですよね。

進み具合やアレルギーなどの有無でも可能かどうかがわかれますので、保護者の方の判断で進めていきましょう!

ということで、今回はビスコが何歳から与えていいのか?さらにビスコの種類をまとめ成分、乳酸菌についても調べました!

グリコのビスコは何歳から食べていい?1歳の赤ちゃんはいつから?

アレルギー要因はクリアされましたか?

もしクリアしているのであれば、歯が生えてきた頃から食べられます。

理由のひとつとして、公式ホームページにQAページに記載がありました。

ビスコは何歳から食べさせてもいいのですか?

特にいくつ頃からという決まりはありません。ビスコはお子様にかわいい歯が生えてきた頃からお召し上がりいただけます。

参考 : グリコQ&A

まま

あなたたちが小さい頃もビスコあげてたよ
そうなんだー

ちゃれこ

ちゃれお

俺は今でも食べるけどな!

歯の生えるタイミングは個人差がありますが、早くに歯が生えていても、離乳食の進み具合の違いもあります。

幼児食にシフトチェンジし「そしゃく」が上手になる、1歳以降であれば大丈夫です!

もし、初めてチャレンジする場合は、原材料が一番シンプルな、クリームビスケットサンドが良いのではないでしょうか。

気になるかたは、まだ1歳時期であれば無理に食べさせる必要はありませんが、数量を抑えながら与えるのであれば問題ないですよ。

しかし、実際の判断は保護者のかた次第です。はじめて食べる物の場合は、念のためかかりつけの病院の受診時間内に行いましょう。

ということで、結論を改めて言うと

結論

  • 歯が生え始めたらOK!

ところで、小さな頃から食べれるビスコは体にも良くて乳酸菌が1億個!って知ってますか?

次に、その乳酸菌について少し調べちゃいました!

ビスコの成分には乳酸菌が1億個!?どんな種類が入っているのか

ビスコに入っている乳酸菌は「スポロ乳酸菌」といいます。

有胞子乳酸菌、胞子を作る特徴からグリコではスポロ乳酸菌と呼んでいるそうです。

乳酸菌は胃酸に弱く胃の中で死んでしまうことが多くあります。このスポロ乳酸菌は胞子に包まれ酸の力から守ってくれ、生きたまま腸に届くのです。

ちゃれこ

あ、その言葉CMで聞いたことある!

そして、その乳酸菌は、5枚あたりに1億個入ってます!

なんだか分からないけど凄い多いんだね

ちゃれお

生きたまま届いたスポロ乳酸菌は胃酸などの刺激で目を覚まし、腸内細菌のサポートをする働きが期待できます。

幼児期でも、便が固い子もいます。中には乳製品を食べるのが嫌いな子もいますので、便秘改善のためにビスコを食べてみるのもいいかもしれません。

もちろん大人もおすすめです。

*腸内環境はひとそれぞれ違うため、いくら良い乳酸菌とはいえ、合う合わない場合があります。
万が一、摂取後体調が思わしくない場合は摂取を控えましょう。
特に変化がない場合は1週間から2週間程度適量を摂取し、腸内環境に合っているか確認してみましょう。

ちゃれお

ねぇ、パパ!ビスコって種類がいっぱいだよね?
そうだなーなん種類あったっけなぁ

ぱぱ

ビスコはクリームサンドの他にも種類がたくさんあるんです。その種類とカロリーなどをチェックしました!

ビスコは全部で6種類!それぞれのカロリーと原材料・成分は?

ビスコには種類がいくつかあるのをご存知ですか?

一般的なタイプだけでなく2018年現在6種類もあります。

種類別に原材料を確認してみましょう。

*2018年現在に製造された場合の原材料です。改良などで原材料が変わる場合もありますので、参考までにご覧いただき実際に食べる前には袋に記載されています原材料をご確認ください。

では、まず最もスタンダードなビスコから。

ビスコクリームサンドビスケット

スタンダードタイプの昔ながらのビスコです。

サクッとした口たりだけでなく、口どけも良いので「そしゃく」がうまくいかない幼児期でも比較的食べやすいです。

栄養成分(1パック(標準20.6g)当たり)

エネルギー 98kcal
たんぱく質 1.3g
脂質 3.7g
炭水化物 14.9g
食塩相当量 0.1g
カルシウム 117mg
ビタミンB1 0.08mg
ビタミンB2 0.09mg
ビタミンD 0.5μg

 

原材料

小麦粉
砂糖
ショートニング
乳糖
加糖練乳
全粉乳
食塩
小麦たんぱく
でん粉
乳酸菌/炭酸Ca
膨脹剤
乳化剤
香料
調味料(アミノ酸等)
V.B1
V.B2
V.D
原材料の一部に大豆を含む

V.B1のVはビタミンのことですね!

商品の特徴に「カルシウム・ビタミン強化」と記載されてます!

つまりビタミンB1、B2、Dってことです。ビタミンB群は重要な栄養素で意識しないと大人でも不足しがちですからね。お菓子に含まれるのはいい感じ!

では次からは、さくさくっとどんな種類があるのか見ていきましょう!

ビスコ小麦麦芽入り

香ばしい香りがプラスされたタイプです。

スタンダードタイプよりあっさりと感じる味わいです。

カロリー

1パック(標準22.4g)当たり112kcal

原材料

小麦粉、ショートニング、乳糖、砂糖、小麦胚芽、植物油脂、ぶどう糖、イヌリン、全粉乳、食塩、モルトエキス、乳酸菌、バター加工品、でん粉、たんぱく加水分解物、デキストリン、膨脹剤、炭酸Ca、トレハロース、調味料(アミノ酸)、香料、乳化剤、V.B1、V.B2、V.D、(原材料の一部に大豆を含む)

ビスコ発酵バター仕立て

芳醇なバターの香りと味わいがあります。

より満足度が高いので、お腹が空いている時はこのタイプだと満足感があるかもしれません。

カロリー

1パック(標準21.7g)当たり109Kcal

原材料

小麦粉、砂糖、ショートニング、全粉乳、植物油脂、加糖練乳、発酵バター、食塩、乳酸菌、バニラビーンズシード、炭酸Ca、膨脹剤、乳化剤、香料、調味料(アミノ酸)、V.B1、V.B2、V.D

ビスコ焼きショコラ

ココアの香りでビターテイストがプラスされた味わいです。

幼児期にはあまり向かないかもしれませんが、2歳以上になったら徐々に試すのも良いかもしれません。

カロリー

1パック(標準21.9g)当たり109kcal

原材料

小麦粉、砂糖、ショートニング、植物油脂、ココアパウダー、加糖練乳、乳糖、カカオエキスパウダー、モルトエキス、全粉乳、食塩、でん粉、小麦たんぱく、ミルクシーズニング、乳酸菌/炭酸Ca、膨脹剤、香料、カラメル色素、乳化剤、調味料(アミノ酸)、甘味料(スクラロース)、V.B1、V.B2、V.D、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

ビスコシンバイオティクス さわやかなヨーグルト味

乳酸菌をサポートする食物繊維がプラスされています。

また、ヨーグルト1個分の乳酸菌が摂取可能ですので、大人向きのビスコかもしれません。

カロリー

1パック(標準22.7g)当たり114kcal

原材料

小麦粉、砂糖、ショートニング、乳糖、植物油脂、イヌリン、加糖練乳、バター、小麦ふすま、全粉乳、発酵乳パウダー、乳酸菌、食塩、小麦たんぱく、でん粉/炭酸Ca、膨脹剤、着色料(カラメル)、香料、乳化剤、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(V.E、ヤマモモ抽出物)、酸味料、V.B1、V.B2、V.D、(一部に乳成分・小麦を含む)

ビスコシンバイオティクス ブルーベリー&ラズベリー味

同じく食物繊維がプラスされているタイプです。

カロリー

1パック(標準22.7g)当たり114kcal

原材料

小麦粉、砂糖、ショートニング、乳糖、植物油脂、イヌリン、加糖練乳、バター、小麦ふすま、全粉乳、ブルーベリー果汁パウダー、乳酸菌、食塩、小麦たんぱく、でん粉/炭酸Ca、膨脹剤、着色料(カラメル)、乳化剤、香料、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(V.E、ヤマモモ抽出物)、酸味料、V.B1、V.B2、V.D、(一部に乳成分・小麦を含む)

ちゃれお

俺はやっぱクリームサンドだね!
パパは焼きショコラなら食べてもいいな

ぱぱ

全てを見てみると、原料は多少違うけど、基本的にほぼ共通してます!

商品の特徴の「カルシウム・ビタミン強化」は全て同じでビタミンが全部含まれてるので、そこはやはり安定のビスコ!

ただのお菓子にするだけじゃなく幼児の栄養もしっかり考えつつも、大人の味もラインナップするところは幅広いですね!

ビスコは何歳から食べていいのか?まとめ

改めてここで、もう一度確認しておきましょう!

ビスコは何歳から食べていいのか?

アレルギーの心配がなく、幼児食も順調であれば1歳ぐらいから少量のビスコにチャレンジできます。

どんどん食べられるものが増えると、おやつの時間ももっと楽しくなりますね。

食のスピードはお子さんによって違いますから、徐々に食べられる物が増えるといいですね。

その中に、手軽に食べられるのもあると、毎日の負担が減りますので、ビスコをチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

1歳過ぎ、順調であれば少量ずつ、レッツチャレンジです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です